TRIART & IT PROJECT

New way, New value with TRIART !!!

当社は2017年9月、IT関連事業への本格参入を決定し、その取り組み第一号として、九州工業大学発の研究開発型ベンチャー企業、株式会社TRIART(本社:福岡県飯塚市、以下、トライアート)と業務提携を行ないました。トライアートが開発する高度な各種技術を国内外向けに販売すべく日々挑戦を続けています。

プロジェクト概要

ミーデルの操作画面
ミーデルの操作画面

当プロジェクトでは第四次産業革命も踏まえた新しい事業展開を進めてまいります。また、提携先のトライアートは、大学や学会と連動した研究開発を得意とし、トヨタ自動車九州株式会社向け情報漏洩対策ソリューションなど、最先端の分野において高い開発能力と実績を持つ企業です。当社が販売活動を担うことでトライアートの開発技術のマーケティングの高度化を図ります。

業務提携の第一弾として、建築・土木等の現場で活用可能な画像分析差分システム「Miidel(ミーデル)」の販売を開始しました。

「Miidel(ミーデル)」とは、人工知能(AI)機能の搭載により図面の縮尺やゆがみを自動調整することで、専門職によるチェックが必要だった図面の微調整部分についても人手を介さずに図面の比較確認を可能にするシステムです。

建設業界では、図面の変更点の確認作業に長い時間と多大な労力をかけている一方、微細な図面の変更点が見過ごされることも少なくなく、結果として、見積もりや施工金額に大きな影響を与えて収益を圧迫したり、工期遅延となるケースが多発しています。「Miidel(ミーデル)」は、CADなどから出力したPDF図面データやスキャンしたデータを一度に数千枚単位で比較可能であり、さらに、図面比較した状態のPDF出力も可能なため、比較した図面の微調整も容易です。

双日九州は、今般のトライアートとの業務提携を皮切りに、同社のセキュリティ技術や現在開発中のIoT、AI関連技術など世界的にも優位性の高い革新的な技術の販売を加速させます。双日グループとして、国内のみならず各国で実績のある流通網などのビジネス基盤と人的ネットワークを活用して、アジアを含めた海外展開に積極的に取り組む方針です。



業務提携先であるトライアートの概要

会社名 株式会社TRIART
代表者 代表取締役社長 今津 研太郎
事業内容 ITソリューション事業、ITコンサルティング事業、インターネットメディア事業、情報デザイン事業、等

HOME ⁄ 事業紹介 ⁄ TRIART & IT PROJECT